岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・
泉南市・阪南市・岬町の物件を買うなら双伸の家

お気軽にお問い合わせください 0120-344-355

お問い合わせ・資料請求

双伸商事オフィシャルサイト

  • ホーム
  • 新着情報
  • 悟りという言葉はドラクエ3で初めて知りました。そのあと手塚治虫さんのブッダ読みました。

新着情報

悟りという言葉はドラクエ3で初めて知りました。そのあと手塚治虫さんのブッダ読みました。

 

 

どーも 「Y」 と申します。

 

えーこのたびは一杯のお運びで有り難うございます。

 

先日お邪魔しましたT様邸でまたまたいいお話をいただきました。

 

最初に双伸商事で買おうと思っていなかったこと、

 

他所の会社で契約寸前までいっていたこと、

 

いい土地が見つからず、何度かの打ち合わせを繰り返し、

 

その日たまたま時間が空いたのでうちの分譲地にご来場いただいたとのこと。

 

「そこにちょこんと○○さんが座っててね」

 

「家の話相談したら、すぐに返事くれて」

 

「正直双伸さんのこと何も知らずに契約しました」

 

 

んーーーーーーーありがたい。

 

といっても稀によくある。

(気に入っている言い回しです。)

 

「住んでから双伸の家ってよかったんやなーって思いました。」

 

「それまでは家賃より安くなって広くなって資産になるなら買ってもいいかーって簡単に考えてました。」

 

「友達の話とか聞くと、双伸さんのやっている当たり前が他所なら全部別料金と聞いてびっくりしました。」

 

という声も最近頂いたばかりで。

 

家は一生の買い物!と気合入れて買う人ばかりじゃないのですね。

 

じゃあ消費者のニーズはどこに向いているのか?

 

こないだとあるところで経済学者さんみたいな方のお話をチラッと聞きましたが、

 

さとり世代はある程度良質なものをコストパフォーマンスで見比べ、

 

決断というよりは選択する。

(やってることは同じやけどちょっと感じが違う)

 

氷河期世代の我々は気合入りすぎ見たいですね。

 

そう、色々な選択肢の中からコスパがよさそうなものを選んでいるだけで、

 

失敗してもダメージが少ない。安いものはそれなりの失敗、後悔の要素があると

 

悟っているんですね。

 

というお話でした。

 

今回のT様はさとり世代じゃないですが、世間的にそういう時代なのかもしれません。

 

「さとり時代」みたいな感じ

 

 

双伸の家はABC住宅公園で一流ハウスメーカーさんと比べていただき、

 

分譲地では地元の不動産屋さんや大きい不動産屋さんと比べていただいています。

 

そこでどうしたら選んでいただけるのか?

 

双伸の土地がいいのはもう当たり前。

 

双伸の性能がいいのはもう当たり前。

 

双伸の標準仕様がいいのはもう当たり前。

 

双伸の資金計画がいいのはもう当たり前。

 

難しいもんですね。

 

あとはブログを面白くするぐらいしかありません。

(ほかにもあると思いますが)

 

 

まあせめて私ができる範囲で面白くしていきましょう!

 

いいですか皆さん!笑う準備はできていますか!

 

今から面白いこと言うんで、大いに笑ってください!

 

 

行きますよ!

 

 

 

3!

 

 

 

 

 

 

2!

 

 

 

 

 

1!

 

 

 

 

 

 

ぷー

(あかん力みすぎて空気漏れてもた!)

 

 

 

はい対象年齢5歳ぐらいまでのお笑いでした。

 

さとり世代の方はこんなオチでも大丈夫だそうです。

「Y」もたまには面白くないことをいうことを悟っていますから。

また来週!

 

 

 

 

pagetop