岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・
泉南市・阪南市・岬町の物件を買うなら双伸の家

お気軽にお問い合わせください 0120-344-355

お問い合わせ・資料請求

双伸商事オフィシャルサイト

新着情報

もうすぐ節分



こんにちは。木下です。

1月も残りわずか、今年に入ってもう一ヶ月が経ちますね。

もうすぐ2月。

というわけで、今日は2月3日の節分についてです。



「節分」の画像検索結果




節分は2月3日だと思っていたのですが、

まれに2月2日や、4日にずれることもあるそう。

なぜかというと節分の日は立春の前日をさしますが、

その立春がずれることがあるから。


なぜ豆をまくの?


豆は穀物の精霊が宿っているとして神聖なものとされており、

豆まきだけでなく、神事にもよく使われたそうです。

また、魔を滅するという意味で「魔滅」という漢字を当てたそう。

毘沙門天のお告げで豆をまいて鬼を退治したという話もあったとか。

ちなみに、鬼のお面をかぶるのはお父さんというイメージがありますが、

その家の主人が豆をまき、

年男や年女、厄年の人が鬼役をすると縁起がいいといわれています。

豆まきを終えた後、自分の年齢よりひとつ多くたべることで

新年の厄払いができるとされています。



注意

毎年小さい子どもが豆を詰まらせる事故が起きているそうです。

特に3歳以下の小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は細心の注意が必要です。

また、豆の取り残しがないようにしてください。









もうひとつ。節分といえば、恵方巻



「恵方巻き」の画像検索結果


2017年の恵方は北北西

恵方とはその年の幸運を招く方角のこと


なぜ恵方巻を食べるの?

巻くということから「福を巻き込む」

切らずに食べるということから「縁を切らない」という意味がこめられています。

七福神にあやかり、7種類の具が入ったものがいいでしょう。

また恵方巻を鬼の金棒に見立ててそれを退治する意味もあるそうです。

恵方を向いてお願い事をしながらおいしくいただきましょう!






pagetop