岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・
泉南市・阪南市・岬町の物件を買うなら双伸の家

お気軽にお問い合わせください 0120-344-355

お問い合わせ・資料請求

双伸商事オフィシャルサイト

新着情報

転ばぬ先の杖

 

 

お待たせしました「Y」です。

 

先週は1日から5日までお休みを頂いておりましたので寂しかったと思います。

 

と言いつつ1日~3日までは出てたんですけどね。

 

そうです。事務所の階段リフォームです。

 

完成したのでまた見に来てください。

 

ってなんで出てたのにブログ更新しなかったかって?

 

お客様のリフォームと事務所のリフォームを並行していたので、

 

ネタ考える時間がなかったのと、パソコンに向かう時間がなかったので。

 

そして長期休暇明けは色々仕事が押し寄せてくるので、

 

今日のブログもこんな時間です。

 

あーリフォーム課にもう一人ほしー!

 

 

そうそうこれもリフォーム課の仕事じゃないのですが、

 

皆さんミライエってご存知ですか?

 

ABCの双伸の家に行ったことのある方はご記憶にあるかもしれません。

 

住友ゴムさんの制振装置です。

 

何故かこのミライエの管理者となっている「Y」です。

管理者になった理由は他のみんながよくわからないから。

(なんじゃそれ)

 

昨日、その住友ゴムの制振ビジネスチームリーダーさんが他にもお二人と計3名でご挨拶に来て下さり、熊本の地震のお話やこれからのお話をたくさん聞かせていただきました。

 

私なりにお話を伺ったうえでのポイントは

 

①耐震、制振、免震、といっても今回の地震の様に繰り返し耐えなければ意味がない

 大きい地震に一回だけ耐えられる家に余震が来たら耐震等級3の家でも全壊した家があるという事です。

 

②省エネに業界の関心が行っている中、お客様は地震を心配している

 太陽光だ断熱性だは地震に耐えられてからの話でゼロエネルギーにするのに何百万円かけるより前に何百万が地震で壊れてしまわないような家を先に造るべき。そしてその費用は数十万円で簡単に造れる

 

③各地の(九州地方も)地域ビルダーの大手はほとんどミライエを標準仕様にしている

 大手ハウスメーカーの制振装置もそうですが、地域ビルダーの大きいところもほとんどが当たり前として住友ゴム製品を扱っているとのことです。

 

最後にもう一ついいことを教えてくださいまして

手で動く制振装置は付けた方が危ないケースもあるとの事です。

考えてみれば当たり前ですよね家の重さを支えるはずのものが人の力で動いていたんじゃ付けない方がいいですもんね。

 

まあ震度6以上が来ないと言われているこの泉州地域でどこまで危惧するか?

熊本の地震も完全な想定外の地震だったことを考えると

 

転ばぬ先の杖、安いうちに買っておいてもいいかもしれません。

 

私が双伸で営業やっていたころ、お客様に言われたこと思い出しました。

「南海地震来てから買うわ」

地震が来るまで立ち上がらないから転ばぬ先の杖がいらないという事です。

今あの方はどうしていらっしゃるのでしょうか?

もしかしたら今でも座ったままなのでしょうか?

 その家 建てなくなるかもしれません

(そのうち立てなくなるかもしれません)

 

どうでしたか今週の「Y」の話

ゴムだけに「すべらない」話

なんてね

また来週!

pagetop