岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・
泉南市・阪南市・岬町の物件を買うなら双伸の家

お気軽にお問い合わせください 0120-344-355

お問い合わせ・資料請求

双伸商事オフィシャルサイト

新着情報

ごく限られたところで活躍するプロのお話



はいどーもー 「Y」 でーす。

がんばっていかなあかんなーゆうてやってますけども。


最近あれやね。クレーマーがどんどんモンスター化してるらしいね。

って一応言っときますけどうちのお客さんじゃないですよ。

スーパーできょろきょろしてる人に何かお探しですかーって聞いたら

何であんたにそんなこといわなあかんの

そうですかー失礼しましたって行こうとすると

困ってんのにそのまま行くなんて非常識といってくるので

何かお手伝いしましょうかと言うとあんたなんかに手伝ってもらいたくないわと

そしてそのスーパーに電話して社員教育がなってないだの本部に乗り込んで業務妨害してやるだの言うそうです。

しかしそのスーパーは全国展開しているような大きなスーパーではなく、本部という存在もなく、上司を出せといわれてもパートさんの上は店長その上はオーナーという小規模な組織です。

当然何じゃそりゃ?となるわけですが、


こんなお笑い話のような事を真剣に仰られるお客様に対してもちゃんと接客方法があるそうですよ。

皆さん想像できます?

私は最初絶対無理と思っていたのですが、実は方法があると聞いてビックリしました。


まず最初店員さん目線で言うと万引きとかの警戒の為と、サービス向上の為に声掛け

しかしお客様目線で言うと何でいきなり話しかけてきてんねんだそうで

こういうときの第一声はいらっしゃいませなりこんにちはなり挨拶

そして何かお探しでしたらご案内いたしますがお困りですか?

ポイントは挨拶して存在に慣れさせてからのお仕事させて下さいという姿勢らしいです。


そこからはもう話は早いです。お手伝いさせて下さいという印象で悪く思う方はいらっしゃいません。


やはりその道のプロの技術力はスゴイです。

その仕事をするためにだけ生まれた専門職です。

何でもやる課の 「Y」 もクレーマー対策勉強していきます。

でも勉強する機会が非常に少ないのであんまり成長しません。

そんな変な人はなかなか家建てようとはならないみたいです。


たまにあってもちゃんとご説明すればご納得いただけます。


でもそんなクレーマー対策のプロも対応できない人もいるみたいです。

どんな人かというと、野生の動物みたいな人らしいです。

説得しようにもこちらの言ってることが理解できない人

威嚇してくるばかりで会話ができない人

暴力で解決しようとする人

脅迫行為、強要行為等、法を犯してくるのに法を犯している自覚がない人

こういう人は警察の方にお願いするそうです。

まあ仕方がないですね。


普通の人ならサービスや商品の対価にお金を払うということをご理解しています。

同じ金額でよりよいサービスを受けようと思うのなら下調べという労力が必要となります。

色々調べた結果そこにたどり着いたのであれば不満が出ても過剰な要求はしない。


クレーマーといわれる人たちは自分だけ特別扱いされたいという人が多いみたいです。

いい意味で特別扱いされたいのであればいい意味で特別な人の振る舞いをすればいいと思うのです。

悪い意味で特別扱いされているのに気持ちよくなっちゃう変わった人。残念です。


そういうわけで今回はクレーマー処理のプロの方のお話でした。


※ここで言うクレーム、クレーマーとは不具合を改善して欲しいというような普通のお話ではなく過剰な要求、強要、脅迫、業務妨害等をしようとする人のことをいいます。


今日はこの辺で

pagetop