岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・
泉南市・阪南市・岬町の物件を買うなら双伸の家

お気軽にお問い合わせください 0120-344-355

お問い合わせ・資料請求

双伸商事オフィシャルサイト

新着情報

火曜日の「Y」

 

 

やあ 「Y」だよ

 

今日は 「火曜」だよ

 

そうなんだ、昨日現場待機してたから曜日感覚ずれちゃってたんだ

楽しみにしてくれていたファンのみなさん 「ごめんね」

 

ミス〇ルの「I'm sorryという曲が結構好きなんだ

 

手書き入力でアポストロフィ書こうとすると

「7」「i」とかになってしまうよね

 

じゃあ本題に入るね

 

みどりの日よりこどもの日の方がしゃべりやすい!

これが理由かもしれないねぇ

(あっこれは本題じゃなくて本音や)

 

「家は子供のために買う」という言葉があるように

かわいい子供さんの為にここらで一つ買っときませんか「一戸建て」

 

こどもの日 私の勝手なイメージでは実家に帰って子供を親に見せに行く

って感じですかね。

そこで注意して頂きたいのがご実家の建築年数。

実は今家を買おうとしている世代の親の世代が建てた家の寿命がちょうど今頃

今年は西暦2015年バブル期の1986年ごろ築年数は約30年

 

大変失礼な話ですが

その当時の建築で多かったのが

見えるところは豪華で

見えないところはあまりお金をかけていない家です。

その当時当たり前だった建築が築20年から30年で建て替える家

今は100年住宅だとか200年住宅だとか

(個人的には100年は生きてなさそうなので50年ぐらいがちょうどいいかも)

今家を建てようとされている方、親御さんも残りの人生を(といっても20年以上)

今の当たり前の家で過ごされてはいかがでしょう。

何をバカなことをとおっしゃられる前に聞いてみてください。

「あと何年この家で住めるか」

「あと何年生きるか」

平均寿命どんどん伸びてます。

gn-20140903-03.gif

ここ20年で4年ほど伸びてますので

このままいけば、

今60歳の方は

男性で84歳ぐらい

女性で90歳ぐらいまでは

普通に生きてる

(言い方悪くてすいません)

 

こどもの日だからこそ「こどもの立場」で親の事を考えてみる。

(ドヤ顔ですいません)

 

pagetop